利用規約

第1条 総則

1. 本「reviews(レビューズ)」利用規約(以下「本利用規約」といいます。)は、アジャイルメディア・ネットワーク株式会社(以下「弊社」といいます。)が提供するウェブサービス「reviews(レビューズ)」(以下「本サービス」といいます。)の利用者が遵守すべき事項及び利用者と弊社との関係を定めるものです。

2. 本サービスの利用者は、本利用規約の内容を十分理解した上でその内容を遵守することに同意して本サービスを利用するものとし、本サービスを利用した場合には、当該利用者は本利用規約を遵守することに同意したものとみなします。

第2条 定義

本利用規約の中で使用される以下の各用語は、それぞれ以下の意味を有するものとします。

「本サービス」
「reviews(レビューズ)」(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)の総称のことをいいます。

「クライアント」
弊社に対して「公認レビュアー」によるレビュー記事の執筆その他の業務を委託し、又は委託しようとする第三者をさします。

「レビュアー」
第4条に基づく会員登録手続を行って弊社から登録の承諾を受けた個人又は法人をさします。
「レビュアー」には、「エントリーレビュアー」と「公認レビュアー」が含まれます。

「エントリーレビュアー」
公認レビュアー以外のレビュアーをさします。

「公認レビュアー」
レビュアーのうち、第4条第7項によって弊社による承認を得たレビュアーをさします。

「個別契約」
第6条第1項が定義する「個別契約」をさします。

「個別業務」
個別契約により弊社から「公認レビュアー」に対して委託される業務をさします。

「登録情報」
会員登録手続で入力・提供された一切の情報をさします。

「個人情報」
住所・氏名・電子メールアドレス等個人情報の保護に関する法律第2条第1項において定義される「個人情報」を意味します。

第3条 規約の改定

弊社は、本利用規約を変更できるものとします。弊社は、本利用規約を変更した場合には、レビュアーに当該変更内容を通知(本サービスのウェブサイト等に掲示する方法により通知する場合を含む。以下本条において同じ。)するものとし、当該変更内容の通知後、レビュアーが本サービスを利用した場合又は弊社の定める期間内に登録取消の手続をとらなかった場合には、レビュアーは、本利用規約の変更に同意したものとみなします。

第4条 会員登録

1. 会員登録手続を行うことができるのは、レビュアーとなる本人(法人の場合には対外的な契約権限を有する者)に限るものとし、代理人による会員登録は認められないものとします。

2. 会員登録手続を行う者は、登録情報の入力にあたり、入力した情報は全て正確、真実かつ最新であることを保証するものとします。

3. 登録した情報全てにつき、その内容の正確性・真実性・最新性等一切について、レビュアー自らが責任を負うものとします。

4. レビュアーとして登録できる者の資格・条件は以下の通りです。但し、法人の場合には第1号及び第2号は適用されません。
(1) 満18歳以上であること。
(2) 未成年、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかである場合には法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意を得ていること。
(3) 電子メールアドレスを保有していること。
(4) 既に本サービスのレビュアーとなっていないこと。
(5) 本利用規約の全ての条項に同意すること。
(6) 過去、現在又は将来にわたって、反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)に所属せず、資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関係を有しないこと。

5. 弊社は、会員登録手続を行った個人又は法人が以下の各号に該当する場合、レビュアーとして登録することを承諾しない場合があります。また、承諾・登録後であっても、レビュアーについて以下の各号に該当する事実が判明した場合には、承諾・登録を取り消し、また弊社と当該レビュアーとの間の個別契約の全部又は一部を解除することができるものとします。弊社は、本項に基づき弊社が行った行為によりレビュアーに生じた損害について一切の責任を負いません。
(1) 会員登録の資格・条件を満たさない場合又は満たさなくなった場合。
(2) 入力された登録情報に虚偽の情報があることが判明した場合。
(3) 弊社からの電子メールを受領できない場合。
(4) 本利用規約に違反する行為を行った場合。
(5) その他弊社が当該レビュアーの登録が不適切であると判断した場合。
(6) 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
(7) 自ら振出し、若しくは引受けた手形若しくは小切手につき、不渡りの処分を受けた場合、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けたとき
(8) 差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合
(9) 租税公課の滞納処分を受けた場合
(10) 死亡した場合又は後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合

6.「レビュアー」として会員登録申請をして会員登録が認められた者は、「エントリーレビュアー」になります。

7.「エントリーレビュアー」のうち、弊社が弊社の定める基準により審査をして弊社が承認をした者は「公認レビュアー」になるものとします。弊社は、「公認レビュアー」となるための基準を公表する義務を負わず、また承認又は不承認の理由を説明する義務を負わないものとします。

8. レビュアーが退会を希望する場合には、弊社所定の手続きを行うこととします。但し、当該レビュアーが以下に定める状況にある間は退会できないものとします。
(1) 自らが受注者となって成立した個別契約の業務が終了していない場合。
(2) 自らが受注者となって成立した個別契約の決済手続きが完了していない場合。

第5条 個人情報

1. 本サービスの利用において弊社が知り得たレビュアーの個人情報については、弊社が別途定める「個人情報保護方針」に従って取り扱われるものとし、レビュアーはこれに同意するものとします。

2. 弊社の個人情報保護管理者は、以下に定めるとおりとします。
(1)氏名又は職名:管理本部長
(2)所属:管理本部
(3)連絡先:info@agilemedia.jp

3. レビュアーは、弊社がレビュアーの登録情報その他の個人情報をクライアントに提供する場合があることをあらかじめ認識し、同意するものとします。

4. 弊社は、レビュアーの個人情報の取扱いを第三者に委託することがあります。弊社は、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行うものとします。

第6条 個別契約

1. 弊社が、本サービスにおいてレビュー記事の執筆その他の業務を「公認レビュアー」に依頼する場合には、委託業務の内容、納入期限、納入方法、業務委託料、支払期日その他必要な事項を、別途弊社が定める方式により提示するものとします。「公認レビュアー」が別途弊社の定める方法により、かかる提示を承認した場合には、当該提示に従った個別の業務委託契約(以下「個別契約」といいます。)が成立するものとします。

2. 本利用規約は基本契約として、全ての個別契約に共通に適用されます。本利用規約の条項と個別契約の条項が異なる場合には、当該個別契約の条項が優先して効力を有するものとします。

3. 「公認レビュアー」は、「公認レビュアー」が下請代金支払遅延等防止法上の「下請事業者」に該当する場合、弊社が下請代金支払遅延等防止法第3条第1項の書面の交付に代えて、当該書面に記載すべき事項を電子メールにて、当該電子メールを「公認レビュアー」の使用に係る電子計算機に記録する方法により提供することができることを承諾するものとします。なお、「公認レビュアー」はかかる電子メールでの提供への承諾を、弊社に通知することにより、いつでも将来に向かって撤回できるものとします。

第7条 再委託

「公認レビュアー」は、個別業務を自ら遂行するものとし、弊社が事前に承諾しない限り、個別業務の全部又は一部を他の第三者に再委託することはできないものとします。

第8条 報告

「公認レビュアー」は、弊社からの指示がある場合には、個別業務の進捗状況その他弊社が指定する事項について、弊社が求める時期、内容及び様式により報告しなければならないものとします。

第9条 業務委託料の支払

1. 弊社は、「公認レビュアー」に対し個別業務の対価として、個別契約に記載された業務委託料を、個別契約記載の支払期日その他の条件に従って支払うものとします。銀行振込手数料その他支払に要する費用は弊社の負担とします。

2. 個別契約において別段の定めなき限り、前項に定める業務委託料には消費税(地方消費税を含む。以下同じ。)相当額が含まれるものとします。

3. 個別業務の遂行のために必要となる「公認レビュアー」の人件費、資材費、旅費、宿泊費その他の諸費用は、個別契約に定める業務委託料に含まれるものとし、「公認レビュアー」は別途それらの諸費用を弊社に請求することはできません。但し、個別契約において異なる定めが明記されている場合はその定めによります。

4. 業務委託料の支払は、「公認レビュアー」の指定する銀行口座に振り込む方法によって行うものとします。

第10条 第三者の権利侵害

1. 「公認レビュアー」は個別業務の実施に当たり第三者の権利を侵害しないように留意すると共に、個別業務の遂行又は成果物が、第三者のいかなる権利も侵害していないことを保証するものとします。

2. 前項の定めにかかわらず、個別業務について、クライアントその他の第三者から弊社に対して何らかの訴え、異議、請求等がなされた場合において、弊社から処理の要請がなされたときは、「公認レビュアー」は自己の責任と費用負担において、弊社に代わって当該第三者との紛争を処理するとともに、弊社がかかる訴え、異議、請求等により被った一切の損害(弁護士費用を含む。)を賠償するものとします。

第11条 損害賠償

「公認レビュアー」が、個別契約に関連して弊社又は第三者に損害を及ぼした場合には、「公認レビュアー」はその損害(直接損害及び通常損害のみならず、逸失利益、事業機会の喪失、データの喪失、事業の中断、その他の間接損害、特別損害、派生的損害及び付随的損害を含む全ての損害を意味する。)を賠償する責任を負うものとします。

第12条 弊社提供サービスに関する知的財産権

1. 本サービスで弊社が作成・提供する画像、テキスト、プログラム等に関する著作権等の一切の知的財産権は、弊社又は弊社に権利を許諾する第三者に帰属します。

2. 本サービスで弊社が作成・提供・掲載する一切の画像、テキスト、プログラム等は、著作権法、商標法等の法律により保護されています。

第13条 ID・パスワードの管理

1. レビュアーは、登録したID及びパスワードについて、自己の責任の下で適切に管理し、ID及びパスワードの盗用を防止する措置を自ら講じるものとします。

2. レビュアーは、登録したID及びパスワードについて、第三者による利用や第三者への貸与・譲渡等の行為を行ってはならないものとします。

3. ID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等により被った損害はレビュアーが責任を負うものとし、弊社はかかるレビュアーの損害から一切免責されるものとします。

4. レビュアーは、ID及びパスワードの盗用や第三者による使用が判明した場合、直ちにその旨を弊社に通知し、弊社からの指示に従うものとします。

第14条 秘密情報の取り扱い

1. レビュアーは、本サービスにおいて弊社から開示された弊社又はクライアントに関する一切の情報(以下「秘密情報」といいます。)については、秘密として保持し、事前に当該開示者(以下「開示者」といいます。)の書面による承諾を得ることなく、第三者への開示又は漏洩をしてはならず、また、本サービスの利用及び個別契約の履行の目的以外で使用しないものとします。

2. 次の各号に定める情報は、秘密情報から除外します。
(1) 開示者から開示を受ける前に、被開示者が正当に保有していたことを証明できる情報。
(2) 開示者から開示を受ける前に、公知となっていた情報。
(3) 開示者から開示を受けた後に、被開示者の責に帰すべからざる事由により公知となった情報。
(4) 被開示者が、正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手した情報。
(5) 被開示者が、開示された情報によらず独自に開発した情報。

3. レビュアーが本条第1項の規定に違反したことによりクライアントその他の第三者との間で紛争が生じたとしても、弊社は一切の責任を負わないものとし、レビュアーの責任と費用でこれを解決するものとします。

第15条 地位等の譲渡禁止

レビュアーは、本利用規約に基づく権利、義務及び本利用規約の契約上の地位の全部又は一部について、これを第三者に譲渡、質入れ、その他の方法により処分してはならないものとします。但し、弊社の書面による事前の承諾がある場合を除きます。

第16条 禁止事項

本サービスのレビュアーが、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(1) 弊社、他のレビュアー若しくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。
(2) 他のレビュアー若しくは第三者の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。
(3) 特定個人の氏名・住所・電話番号・メールアドレスなど第三者が見て個人を特定できる情報を第三者に提供する行為。
(4) 一人のレビュアーが複数のメールアドレス等を登録して重複して会員登録を行う行為。
(5) レビュアー資格を停止ないし無効にされた第三者に代わり会員登録をする行為。
(6) 他のレビュアー若しくは第三者を差別もしくは誹謗中傷し、又は他者の名誉若しくは信用を毀損する行為。
(7) アクセス可能な本サービス又は他者の情報を改ざん、消去する行為。
(8) 弊社又は他者になりすます行為(詐称するためにメールヘッダ等の部分に細工を行う行為を含みます。)。
(9) 有害なコンピュータプログラム等を送信し、又は他者が受信可能な状態におく行為。
(10) 他者に対し、無断で、広告・宣伝・勧誘等の電子メール又はメッセージ(以下「電子メール等」といいます。)若しくは嫌悪感を抱く電子メール等(そのおそれのある電子メール等を含みます。)を送信する行為。他者の電子メール等の受信を妨害する行為。連鎖的な電子メール等の転送を依頼する行為及び当該依頼に応じて転送する行為。
(11) 他者の設備若しくは本サービス用設備(弊社が本サービスを提供するために用意する通信設備、電子計算機、その他の機器及びソフトウェアを言い、以下同様とします。)に無権限でアクセスし、又はポートスキャン、DOS攻撃若しくは大量のメール送信等により、その利用若しくは運営に支障を与える行為、又は支障を与えるおそれのある行為。
(12) サーバ等のアクセス制御機能を解除又は回避するための情報、機器、ソフトウェア等を流通させる行為。
(13) 本人の同意を得ることなく、又は詐欺的な手段(いわゆるフィッシング及びこれに類する手段を含みます。)により他者の登録情報を取得する行為。
(14) 法令に基づき監督官庁等への届出、許認可の取得等の手続きが義務づけられている場合に、当該手続きを履行せずに本サービスを利用する行為。その他当該法令に違反する、又は違反するおそれのある行為。
(15) 本サービスの運営を妨害する行為。他のレビュアー又は第三者が主導する情報の交換又は共有を妨害する行為。信用の毀損又は財産権の侵害等のように弊社、レビュアー又は他者に不利益を与える行為。
(16) 長時間の架電、同様の問い合わせの繰り返しを過度に行い、又は義務や理由のないことを強要し、弊社の業務に著しく支障を来たす行為。
(17) 口コミサイトやブログに、ある商品又はサービスについて実際のものより著しく優良・有利だと誤認させる内容を記載する行為。
(18) 上記各号の他、法令、又は本利用規約に違反する行為。公序良俗に違反する行為(暴力を助長し、誘発するおそれのある情報又は残虐な映像を送信又は表示する行為や心中の仲間を募る行為等を含みます。)。その他迷惑行為。
(19) 上記各号のいずれかに該当する行為(当該行為を他者が行っている場合を含みます。)を助長する目的で他のサイトにリンクを張る行為。
(20) その他弊社がレビュアーとして不適当と判断した行為。

第17条 監視業務

弊社は、レビュアーが本サービスを適正に利用しているかどうかを監視する業務を弊社の裁量により行うものとし、レビュアーはそれに同意するものとします。但し、本条の規定により弊社が監視を行う義務を負うものではありません。

第18条 規約違反への対処及び違約金等

1. 弊社は、レビュアーの行為が本利用規約に反すると判断した場合に、弊社の判断により、当該レビュアーに何ら通知することなくして、本サービスの一時停止、会員登録の解除、本サービスへのアクセスを拒否、本サービス上におけるプロフィール等の掲載情報や電子掲示板への投稿の全部若しくは一部の削除、変更又は公開範囲の制限等の必要な措置をとることができるものとします。

2. 前項に基づく弊社の対処に関する質問、苦情は一切受け付けておりません。なお、レビュアーは、当該措置によって被った一切の損害について、弊社に対して賠償請求を行わないものとします。

3. 弊社は、レビュアーが本利用規約違反等の悪質な行為を行っていると判断した場合、当該レビュアーに対して法的措置を検討するものとします。

4. レビュアーは、レビュアーが本利用規約違反等の行為を行ったことにより弊社に損害(第三者に損害が生じ、その損害について弊社が填補した場合を含む)が生じた場合、その一切の損害について、弊社に対して賠償する責任を負うものとします。

第19条 弊社からの連絡又は通知

1. 弊社がレビュアーへの連絡又は通知の必要がある場合には、弊社の定める方法により通知を行います。

2. レビュアーは、原則としてメール又はお問い合わせフォームより弊社への連絡を行うものとします。弊社への電話による連絡及び来訪は受け付けておりません。

3. 弊社からの連絡又は通知を受け取りたくない場合は、本サービス内、「ログイン情報編集」ページにおいて、「メール通知を希望する」のチェックボックスを外すことで変更ができるものとします。

第20条 サイトの中断・変更・停止・終了

1. 弊社は、システム障害及び保守、停電や火災などの天変地異、その他技術上・運営上の理由により、本サービスの提供が困難であると判断した場合、レビュアーへの事前通知を行わず、本サービスの中断を行う場合があります。

2. 弊社は2週間前までに、レビュアーに電子メールでの通知及び本サービスの提供を行うWebサイト上で告知を行うことにより、本サービスの変更、停止及び終了を行うことができるものとします。

3. 弊社は、本条に基づき弊社が行った措置に基づきレビュアーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第21条 免責

1. 会員登録取消し、レビュアーからのID・パスワードを第三者に漏洩、レビュアーによる秘密漏示、本サービスのシステム不具合や障害・中断やデータの消失・漏洩等により生じた不利益・損害等、本サービスの利用によりレビュアーに生じた一切の不利益・損害について弊社は一切の責任を負いません。なお、法令の適用その他の理由により弊社がレビュアーに対して損害賠償責任を負う場合においても、弊社の賠償責任は、500円を上限とします。

2. レビュアーが、本サービスを利用することにより、他のレビュアー又は第三者に対し不利益・損害を与えた場合、レビュアーは自己の費用と責任においてこれを賠償するものとし、これらの一切の不利益・損害について弊社は一切責任を負いません。

3. 本サービス上でやりとりされるメッセージや送受信されるファイルに個人情報等が含まれていた場合、それによってレビュアーが被った不利益・損害について、弊社は一切責任を負いません。

第22条 本サービスの譲渡等

弊社は、本サービスの事業を第三者に譲渡した場合、当該事業譲渡に伴い、本サービスの運営者たる地位、本利用規約上の地位、本利用規約に基づく権利及び義務並びにレビュアーの登録情報及びその他情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、本サービスのレビュアーは、レビュアーたる地位、本規約上の地位、本利用規約に基づく権利及び義務並びにレビュアーの登録情報その他情報の譲渡につきあらかじめ同意するものとします。なお、本条に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第23条 基準時間

本サービスの提供にあたって基準となる時刻は、全て弊社のサーバ内で管理されている時刻によるものとします。

第24条 準拠法・管轄裁判所

1. 本利用規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本利用規約の一部が無効な場合でも、適用可能な項目については効力があるものとします。

2. 本サービスに関連して訴訟等の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2015年10月1日

改訂 2018年7月5日